妻から不倫を責められて辛いとき

妻から不倫を責められて辛い方へ

 

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫が不倫をやめても、妻の心の傷がすぐに回復するわけではありません。

 

妻からは、

 

「なぜ不倫をしたのか?」

 

「そんなに私に不満があったのか?」

 

「どうしてすぐにやめなかったのか?、私に悪いと思わなかったのか?」

 

「相手の女に本気だから何年も関係が続いたんでしょう?」

 

 

などと問い詰められたり、責められたり、辛い感情をぶつけられたりします。

 

妻の怒りがピークのときは、罵倒されたり、手を出されることもあるでしょう。

 

 

では、妻は夫の不倫でどうしてそこまで傷つき、悲しみ、怒るのでしょうか?

 

それは、夫をそれだけ信頼していて、愛していたからです。

 

その相手に裏切られたのですから、心の傷は深くなり、悲しみや怒りも強くなるのです。

 

つまり、妻の悲しみや怒りは、愛情の裏返しでもあるわけです。

 

 

考えてもみて下さい。

 

夫が不倫をしても妻は何とも思わない、怒りもしない、お金だけ運んでくれればそれで良い。

 

もし妻がそんな反応だったら、こんなに寂しいことはないでしょう。

 

 

とはいえ、「妻の怒りは愛情の裏返し」「全ては不倫をしたオレが悪い」と分かっていても、毎日のように辛い感情をぶつけられるのはキツいものです。

 

「これから一生責められ続けるのでは・・?」と、不安になることもあるでしょう。

 

 

妻には言えないけれど、本音としては、

 

「妻がオレのことを愛しているのなら、不倫の罪を許して欲しい」

 

「もうこれ以上責めないで欲しい」

 

・・・といった気持ちになることもあるでしょう。

 

 

辛いからといって、妻と向き合うことから逃げてはいけない

 

ただ、辛いからといって妻と向き合うことから逃げていては、妻とやり直すことはできません。

 

貴方も辛いでしょうが、妻はもっと辛い思いをしているのです。

 

不倫は、した側よりもされた側の方が何倍も辛いのです。

 

そのことは決して忘れないでください。

 

 

妻の怒りや辛い気持ちを受け止めるのは、不倫をした貴方の役割であり、せめてもの罪滅ぼしだと言えます。

 

妻の悲しみや怒りは、自分に対する愛情・信頼の裏返しだと思って、辛くてもしっかりと受け止めていくことが必要です。

 

妻の辛い気持ちを愛をもって受け止めていくことは、妻に愛情を注ぐ一つの方法でもあるのです。

 

 

 

 

妻が怒りの気持ちを吐き出し続けていけば、妻の心も回復していき、責められることも少なくなっていきます。

 

ですから、それまでの間は、多少辛くても、辛抱して耐えるのが基本です。

 

厳しいようですが、半年や1年も耐える覚悟が無いようなら、妻とやり直す資格はないと思って下さい。

 

 

私のカウンセリングのご相談者様(不倫を反省して、妻とやり直そうとしている夫)も、大半の方が妻から責められ、辛い思いをしています。

 

不倫を妻に責められて辛いのは、決して貴方だけではないのです。

 

 

妻から不倫を責められて辛いときの対処

 

とはいえ、「ひたすら耐える」だけでは限界もあります。

 

妻からひどく責められるのは、単に妻の怒りが激しい(傷つきが深い)ことだけが原因とは限りません。

 

話の聞き方に問題があったり(ひたすら黙って聞いている、自己防衛の言い訳をするなど)、妻の気持ちに寄り添えていないことが、妻の怒りを
倍増させ、余計に責められてしまうケースがよく見られます。

 

妻の話の聞き方を改善したり、妻の気持ちに寄り添えるようになれば、妻も満足してくれて、責められることも減っていきます。

 

 

 

 

妻に責められて、「これ以上は耐えられそうもない」と限界を感じている方は、不倫反省本の下記項目を参考にしてみて下さい。

 

 

不倫を反省して妻とやり直したい夫のための本

 

第3章3.妻から不倫を責められて辛い(責められて辛いときの対処法)

 

第3章10.妻の心の回復がなかなか進まない

 

第3章11.妻の話が長時間に及んでキツいとき

 

上記を参考に、妻から責められて辛い時期を乗り切って行ってください。

 

 

 

 

カウンセラー花田好久へのご相談はこちら

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 

→カウンセラー花田好久へのご相談はこちら

 

トップへ戻る